やよい「メリークリスマスの意味」(アイマスSS)

 

やよい「メリークリスマスの意味」(アイマスSS)


真美「今日はぁ…」

亜美「ゆきぴょんの誕生日!」

真美「そしてぇ…」

亜美「待ちに待ったクリスマス!」

亜美真美「「わーい!」」


春香「ふふふ♪あんなにはしゃいじゃって、可愛いですね」

響「全くだぞ」

P「あぁ、ああして見るとまだまだ子どもだな」


亜美「サンタさんには何頼む?」

真美「モンハン!」

亜美「スプラトゥーン!」

真美「マリオメーカー!」

響「…見事にゲームばっかりだぞ」

P「甘やかされてるなぁ…」


春香「そうでもないみたいですよ?あの2人、誕生日とクリスマス以外はご両親からゲームは買ってもらえないらしいですから」

P「へぇ、年中ゲームやってる割には意外だな…因みに春香はいつまで信じてた?」

春香「小学校の…6年生くらいには薄々気付いてましたね、はっきり言われたのは中3くらいですけど…」

響「?」


春香「どうしたの?響ちゃん」

響「いや、なんでサンタさんのプレゼントが亜美真美の親と関係あるのかなって思って…」

P春香「「え?」」

響「え?」


春香「あ、あのね?響ちゃん、サンタさんは本当は…」

P「は、春香、それ以上は…」

春香「で、でも…」

響「え?何何?」


春香「こんなことってあるんですか?」ヒソヒソ

P「普通では考えられんが…普段からなんやかんやでハム蔵達に甘やかされて育てられてるからなぁ…不思議ではない…」ヒソヒソ

響「何何?どうしたの?」


内心むちゃくちゃはしゃいでるであろう響が可愛い

 

春香「いや、でもこの歳になってこれは…」ヒソヒソ

P「今さら『サンタなんか居ない』なんて言えないしなぁ…」ヒソヒソ

響「えっ…」

春香「ちょっ!?」

P「あっ…」


響「サンタさん…いないの…?」

春香「ち、違うんだよ?響ちゃん…あのね?」

響「サンタさん…は…いない…」ポロッ

P「な、泣くな、響、大丈夫だ!サンタさんはちゃんといるぞ!な?な?」


響「そういえば…去年は…来てくれなかったぞ…」

春香「そ、それは…」

響「サンタさんがいるんなら…なんで来てくれなかったの?…自分が…悪い子だから?」ポロポロ

P「そんなことない!響はいい子だ!な?な?」

響「でも…でも…うわぁぁぁぁぁん!」

春香「ダメだ…泣いちゃった…」


16でこれはさすがにヤバくね?

まぁひびきんだから

亜美「あ!ひびきんが泣いてる!」

真美「もう!はるるん!兄ちゃん!ひびきんいじめちゃダメっしょ!?」

P「いや、別にいじめたわけじゃ…」


亜美「じゃあなんでひびきん泣いてるの?」

春香「それは…」
春香(響ちゃんより年下の2人に真実を教えるわけにはいかないし…)

響「うっぐ…えっぐ…あのね…サンタさんがね…いないって…」

P(言っちまった…)


亜美「えー?」

真美「サンタさんはいるよ?」

響「ほ、ほんとに?」

亜美「じゃないとどうやって世界中の子ども達にプレゼント配るのさ?」

真美「サンタさんじゃないと不可能っしょー!」

P(むしろそこを一番つっこまれるんだが…)


亜美「サンタさんはムッキムキで瞬間移動を体得してるから大量のプレゼントを運べるんだよ!パパが言ってた!」

真美「プレゼントを魔法で出しちゃう魔法使いなんだよ!パパが言ってた!」

春香(なんか無駄に設定が凝ってる…)


なん…だと…

響「じゃあなんで自分のとこには来てくんないんだ?自分が悪い子だから?」

P(そりゃ一人暮らししてたら…)

亜美「ひびきん、サンタさんにお手紙出してないっしょ?」

響「手紙?」


真美「そうだよ、サンタさん宛に何がほしいのか手紙出さないと流石のサンタさんもわかんないよ」

響「でも自分、それまで出さなくても届いてたぞ?」

亜美「それは多分ひびきんのママやパパが代わりに出してくれてたんだよ」

真美「全く、ひびきんは甘やかされてますなぁ」

P(お前らが言うな、お前らが!)


やよい「それ、ほんとに?」

P春香「「!?」」


やよい「お手紙出したら…うちにもサンタさん…来てくれますか…?」

亜美「え?やよいっちもサンタさんこなかったの?」

真美「なんで?やよいっちいい子なのに…」

春香「そ、それは…」


あかん…

響「あ、そうだ、自分たちサンタさんの住所知らないぞ!だからやよいもサンタさんに届かなかったんじゃないか?」

亜美「ううん、サンタさんには住所無しで届くよ」

真美「サンタさんは郵便局とは別の方式でポストから集めるからね」

P(サンタってなんだっけ?)


やよい「そうなのかなぁ…」

亜美「にしたって765プロ一いい子のやよいっちを見つけられないなんて!」プンプン

真美「サンタさん、仕事サボりすぎだよぉ!」プンプン


やよい「わ、私はいいんだよ?でも…」

亜美「でも?」

やよい「長介や…かすみたちには…」

亜美真美「「やよいっち!」」ダキッ

響「大丈夫…大丈夫だぞ?」ギュッ

春香「プロデューサーさん!私アイドル辞めてサンタクロースになります!」ブワァッ

P「落ちつけ、お前ら…特に春香」


亜美「ほら、やよいっち!亜美たちと一緒にお手紙書こ!」

やよい「え?でも亜美たちはもう出したんじゃ…」

真美「あ、そうだった…でも今から変える!」

P「それは(ご両親が)困るんじゃないかな…?」


亜美「大丈夫だよ!サンタさんは魔法でパパーッとプレゼント出すんだから!」

P「いや、でも…」

真美「いいから書くの!ほら、ひびきん、やよいっち、一緒に書こ?」

響「うん!」

やよい「ありがとね、亜美、真美」

P「まぁ、仲良きことは美しきこと…かな?」


春香「でもプロデューサーさん、どうするんですか?手紙出したってプレゼントなんか届きませんよ?」ヒソヒソ

P「確かに…ここはこっそり確認して、俺のポケットマネーから出すしかないか…」ヒソヒソ

春香「わ、私も…ちょっと出しますよ?」ヒソヒソ

P「いや、流石に春香に出させるわけにはいかないよ、はぁ…経費で落ちないかなぁ…」ヒソヒソ

春香「落ちないでしょ…」ヒソヒソ


亜美「書けたー!」

真美「真美もー!」

やよい「書けましたー!」

響「自分もだぞ!」

P「よし、亜美、真美、やよい、響、書いたやつを貸しなさい、出してきてやる」


亜美「は?ダメだよ。これは自分でポストに入れるんだよ」

P「え?そんなことされたら確認でき…じゃない、めんどくさいだろ?遠慮すんなよ」

真美「これは他人に見られたら効果なくなるんだよ?だからダメ!」

P「なんか色々混ざってないか、それ!?」


春香「やよい~、何をお願いしたの~?」

P(でかした春香!ファインプレーだ!)

やよい「えっと、私は…」

亜美「ダメだよ、やよいっち!他の人に口で教えても効果がなくなっちゃうんだよぉ!」

やよい「はわっ!?そうなんですか!?」


ポストに入れてるのに確認できてる双海町家の両親って一体…

自分の住所書いて宛先書かずに出したら宛先不明で自分の住所に帰ってくるだろ?
そういうことだ

天才かよ

真美「そんなのおまじない系の基本っしょ!」

響「やよい、危ないところだったな…」

P(ちっ…余計なことを…)


亜美「じゃあ暇な時に出しに行ってくんねー!」

バタンッ

P「くそっ!どうすれば…」

伊織「大体の話は聞いたわ」

P春香「「伊織!?」」


伊織「あの4人を今日の夜、私の家に泊まらせてクリスマスパーティに招待するわ」

春香「それがどういう…」

伊織「私の家のパーティは色んな人がプレゼントを持ってきてくれるの。朝起きて、そんな大量のプレゼントの中に、サンタさんからの物があっても不思議じゃないわよね?」

春香「ん?どういうこと?」


P「は!?ま、まさか…」

伊織「そうよ、その中にあの子達が欲しがったプレゼントがあったとしてもなんらおかしくないわよね?」

P「でもそこまでしてもらうのは…」

伊織「あら?誰がタダって言ったかしら?」

P「へ?」


その後

亜美「ほんとに今日のクリスマスパーティに招待してくれるの!?」

伊織「えぇ、雪歩の誕生日パーティは昼間でしょ?夜はうちにいらっしゃい」

真美「1日中パーティだぁ!」


響「自分もいいのか?」

伊織「当たり前じゃない。ファンキーノート組を誘ってるんだから」

響「わーい!」


やよい「伊織ちゃん、せっかくだけど私は兄妹のお世話しないといけないから…」

伊織「あら、ならみんな連れてきたらいいじゃない。新堂に連れてこさせるわ」

真美「良かったね、やよいっち!」

やよい「で、でも…流石にそれは…」


伊織「…やよい、『メリークリスマス』ってどういう意味か知ってる?」

やよい「え?」

響「あれに意味なんてあるのか?」

伊織「あんたはもう少ししっかりしなさいよ…」


亜美「ねーねー、いおりん」

真美「どーゆー意味なの?」

伊織「『メリークリスマス』っていうのはね?『楽しいクリスマスを過ごしましょう』っていう意味なのよ?」

響「へー、そうだったのか」


伊織「だからね、クリスマスはみんなが楽しくないといけないの、クリスマスを楽しむことに理由も遠慮もいらないのよ?」

やよい「伊織ちゃん…」


伊織「パーティだって私がやよいがいてくれた方が楽しいから誘ってるの。お願い…来てくれないかしら?」

やよい「…うん、ありがとう、じゃあお邪魔するね?」

亜美「わーい!やよいっちも参加だー!」

真美「いおりんのデレマジツンデレ!」


伊織「うるさいわね!あんたらだけ連れてかないわよ!?」

亜美「うあうあー!メリークリスマスじゃないのー!?」

真美「言ってることが矛盾してるよぉ!」


雪歩の誕生日パーティ後

伊織「さぁ、そろそろ行くわよ?」

響「こんなあっさりでいいの?」

亜美「まぁ、ゆきぴょんの誕生日の話は当日いっぱい出るからいいじゃん」

真美「そだね」

やよい「?なんの話?」

伊織「やよいは気にしなくていいのよ…」


やよい「でも、ご馳走こんなに持って帰って大丈夫なのかな…」

響「食べきれなかった余りだからいいんだぞ、だいたい作ったのは自分と春香とやよいじゃないか」

亜美「そーそー!それにみんなも持って帰ってるしね!」

真美「やよいっちのもやし炒め美味しいもんね!」


やよい「えへへ…じゃあ…いいのかなぁ…」

伊織「それじゃあ、新堂に車を…」

亜美「あ!」

伊織「今度は何なのよ?」

亜美「亜美たちまだサンタさんにお手紙出してない!」


真美「あ、そうだ!すっかり忘れてた!ひびきん!やよいっち!出しに行こう!」

響「自分も忘れてたぞ…」

やよい「伊織ちゃん…」

伊織「はぁ…わかったわよ、待ってるからさっさと出してきなさい」


亜美「ありがと、いおりん!」ダッ

真美「ちょっと待っててね!」ダッ

バタンッ

伊織「…ほんとに元気ね…」


亜美「わーい!わーい!」タッタッタッ

真美「いっそげ!いっそげ!」タッタッタッ

やよい「ふ、2人とも…早いよぉ!」タッタッタッ

響「まぁ、自分は大丈夫だけ…」タッタッタッ

爺「ひっく…うぃ~…」フラフラ

トラック ブ-ン


亜美「ん?」

真美「あのお爺ちゃん、赤信号に…」

やよい「危ないです!」

響「何やってるんだ!」ガバッ

爺「うぉ!?」グイッ


トラック キキ-ッ

ジジイ シニテ-ノカ!!

トラック ブ-ン

やよい「ごめんなさーい!」

真美「ひびきんナイス判断っしょー!」


響「もう!お爺さん!何してるんだよ!危ないだろ!?」

爺「ひっく…死なせてくれ…死なせてくれぇ…」

亜美「どうしたのさ…クリスマスなのに…」

やよい「何か嫌なことでもあったんですかぁ?」


爺「うぅぅ…もう…仕事を…続けられないんじゃよ…」

響「お爺さんどんな仕事してたの?」

爺「ひっく…いいかい?…3.2.1…ハイ!」ボンッ

亜美「うあうあー!どこからともなくけん玉が出てきたぁ!?」


爺 ボンッ

真美「サッカーボールも出てきた!?」

やよい「うっうー!お爺さん凄いですー!」

響「お爺さん、手品師だったんだな!凄いぞ!」


爺「ははは…そう言ってくれるのは君たちくらいじゃよ…」

やよい「え?何でですか?」

爺「私はこうやって…おもちゃを出して子どもたちを喜ばせるのが大好きじゃったんじゃ…でものぉ…最近の子どもたちはこんなおもちゃじゃあ喜んではくれんくてのぉ…」


響「何でだ?自分なら嬉しいぞ?」

爺「最近の子どもたちはこんなおもちゃよりゲームの方が好きらしい…私には、あんな複雑なものは作れないからのぉ…」

亜美「これお爺ちゃんの手作りなの!?」

真美「凄いクオリティだよぉ!」


爺「ははは…ありがとね…最後に君たちみたいな子に会えて嬉しかったよ…」

やよい「そんな…最後だなんて…」

真美「そうだよ!お爺ちゃん、充分凄いよぉ!」

爺「でも…私はもうこれ以上、がっかりする子どもたちの顔を見たくはないんじゃよ…」

響「そんな…」


真美「あのね、お爺ちゃん、真美たちね、確かにゲームするのも好きだよ?」

亜美「でもそれはね、みんなで揃って遊ぶ時間がないからだよ?亜美、ゲームするより、765プロのみんなと遊ぶ方が楽しいもん!」

真美「そーだよ、みんなで遊ぶならお爺ちゃんがくれるおもちゃの方が楽しいよ!」

爺「君たち…」


亜美「だから辞めるなんて悲しいこと言わないで!亜美たち、凄いって思ったもん!楽しかったもん!」

真美「お爺ちゃんはまだまだ必要だよぉ!」

爺「しかし…」


やよい「あの…良かったらこれ…食べてください!」

爺「これは…」

響「やよいのもやし炒めだぞ!」


やよい「お腹がすいてたら良くないことばっかり考えちゃいますから!お腹がすいてるのが一番ダメなんですよ!」

響「心配しなくても、やよいのもやし炒めは絶品だぞ!」

爺「しかし…いいのかい?私みたいな者に…」


やよい「お爺さん!クリスマスはみんなが楽しくないとダメなんですよ?伊織ちゃんが言ってましたからー!」

響「もちろん、お爺さんもだぞ!」

爺「君たち…」


亜美「じゃあね!お爺ちゃん!亜美たち、サンタさんにお手紙出してくるから!」

爺「サンタさん…君たちはサンタさんに何かお願いするのかい?」

やよい「はい!あ…でも…手紙出す前に言ったらダメなんです…」シュンッ

爺「いや…大丈夫だよ、それにきっと来てくれるよ…君達はいい子だからね…」


やよい「ありがとうございますー!」

響「お爺さんも元気でね!もうあんなことしちゃダメだぞ!ばいばーい!」

爺「サンタさん…か…」


水瀬邸

響「美味しい!」

亜美「うあうあー!アレもコレも全部美味しいよー!」

真美「いふぉひぃん!ふぉれふぁんふぁの?」モグモグ


伊織「口の中にものを入れたまま喋らないの、ごっくんしてからにしなさい」

真美 ゴックン

真美「ふぁー、あれ?美味し過ぎて何言いたいのか忘れちゃった」

伊織「あんた…それでいいの?」


やよい「伊織ちゃん、今日はありがとう、長介達も喜んでるよ!」

伊織「長介達は手がかからないから楽ね…この2人も見習えばいいのに…ほら、亜美、口の周りにソースがついてるわよ?」フキフキ

亜美「ふぁ…」

響「自由すぎるぞ…」


伊織「今日はもう遅いから全員泊まっていきなさい。大丈夫、部屋は用意してあるわ」

亜美「はいはいはいはーい!」

真美「いおりんと同じ部屋がいいでーす!」

伊織「は?私と?」


響「お、いいなそれ!」

やよい「わ、私もそれがいいけど…」

亜美「いおりんの部屋めっちゃ広いから大丈夫っしょ?」

真美「大丈夫、おもらししても黙っててあげるか…」

伊織「あんたらはっ倒すわよ!?」


やよい「あ、あの…迷惑なら弟たちと一緒に寝るから…」

伊織「いや、大丈夫よ…むしろそっちの方が都合がいいし…」

響「何か言ったか?」

伊織「何でもないわよ、ほら、もう遅いからお風呂に入って寝るわよ?」

亜美真美やよい響「「「「はーい!」」」」

伊織(あとは上手くやんなさいよ…)


P「ふぅ…タダじゃないってこういうことか…」

新堂「申し訳ありません、我々がやれば良かったのですが…」

P「いえいえ、亜美と真美のご両親が事前に用意してた分のプレゼントを持っていくだけですから」

新堂「しかし…」


P「こちらこそ、パーティを開いていただいた上に響と高槻家の分のプレゼントを用意してもらっているんですから、これくらいしないと申し訳なくて…」

新堂「そうですか…ではこちらの裏門からお入りください、警備システムは切ってありますので…」

P「ありがとうございます、新堂さん、それでは、失礼します」

新堂「失礼します」


P「さて、それじゃあ一仕事してくるか…」

P「しかし…人目を忍んで他人の家に入るってのは…やましいことしてる気分になるな…」スタスタ

ポチッ

P「ん?」


ギギギギギ

P「なんか踏んだか?…というかこの音…」

ゴロゴロゴロゴロ

P「な、なんだこの岩はぁぁぁぁあ!?」ダッ


1時間前

亜美「ねーねー、おっちゃん。なんでこの部屋の前に立ってるの?」

警備員「ん?あぁ、この部屋は水瀬家の警備システムの中枢なんだよ」


真美「ちゅーすう?」

警備員「うーん、警備システムを管理するところって言った方がわかりやすいかな」

亜美「へー」


警備員「まぁ、今からプロデュ…サンタさんを捕まえちゃわないように警備システムを切るから、他の持ち場に行かないといけないんだけどね」

真美「どうやって切るの?」

警備員「どうやってって…こうやって鍵を開けて…」ガチャッ

亜美「ふんふん」


警備員「奥に進んで…」スタスタ

真美「へーへー」

警備員「このボタンを押すだけだよ」ポチッ

亜美「へー、案外簡単なんだね」


警備員「あぁ、動作自体は簡単でわかりやすいにこしたことはないからね…っと、はい、鍵を閉めて完了だ」ガチャッ

亜美「警備員のおっちゃん、ありがとね!」

警備員「あぁ、じゃあおっちゃんは別の場所警備してくるから、お嬢ちゃんたちも早く寝るんだよ?」


真美「はーい!」

亜美「じゃーねー!」

扉 ガチャッ

亜美真美「「んっふっふ~」」


ハム蔵「ヂュイ…(こんなことしていいのかなぁ…)」

亜美「ふっふっふ…中に入った時にハム蔵を入れておいて良かったよ…」

真美「去年までひびきんとやよいっちにプレゼントあげないなんて、サンタさんには事情聴取が必要っしょ!」


亜美「事情を話したらハム蔵も快く協力してくれたね」

ハム蔵「ヂュイヂュヂュイ!(嘘つけ!勝手に連れてきたくせに!)」

真美「なんて言ってるのかな?」

亜美「多分『響ちゃんを悲しませるようなやつは許せねーぜ!』って言ってる」

ハム蔵「ヂュイ…(また勝手なことを…)」


あ、亜美真美はいい子だなぁ…

真美「あ、今『そうだよ』って言ったっぽいよ!」

亜美「まぁ、なんにせよこれでサンタさんを一網打尽だぁ!」

亜美真美「「わっはっはっはっはー」」


P「うぉぉぉぉぉお!?」

岩 ゴロゴロゴロゴロ

P ポチッ

矢 ビュッ

P「うわっ!?」


スタンガン ビリビリビリビリ

P「あばばばばばばば!?」

P「ぜぇ…ぜぇ…ぜぇ…」

P「警備…システム…ぜぇ…切れてるんじゃ…ぜぇ…」

P「絶対…ぜぇ…亜美と…真美だ…ぜぇ…」


P「しかし、部屋には辿り着いた…」

伊織「すぅ…すぅ…」

やよい「うーん…いおりちゃん…むにゃむにゃ…」

亜美「ぐーぐー」

真美「くかー」

響「だじょ…」


P「全く…俺の苦労も知らずに気持ち良さそうに寝やがっ…」ポチッ

P「!?」バサッ

P「ち、ちくしょう…まさか最後の最後でこんな網が仕掛けられてるだなんて…」


P「くそっ…このままじゃあいつらにプレゼントが…」

ザシュッ

P「!?あ、網が…」

??「ふぉふぉふぉ、そんな罠に引っかかっていたらサンタクロースは務まりませんぞ?」


P「え?あ、あなたは…いや…でも…」

サンタ「如何にも、私がサンタクロースじゃよ」

P「え!?マジで居るの!?いや、でも…」


サンタ「これを見せたら信じてもらえるかな?」

P「こ、これは…亜美達が書いた手紙…」

サンタ「しっかり私の所に届いたよ」

P「亜美達の話、マジだったのか…」


サンタ「しかし、まさかこれほどの警備システムを作動させるとはね…」

P「す、すいません…多分亜美と真美なんですが…わ、悪気はないんです!」

サンタ「ふぉふぉふぉ、わかってますよ、この子たちは悪い子じゃあありません、この手紙を読んだらわかります」


亜美『サンタさんへ、この前手紙で、スプラトゥーンをお願いしたんですけど、それはいいんでやよいっちにプレゼントをあげてください』

真美『真美たちよりいい子だったやよいっちにあげないのはおかしいです!真美たちもプレゼント欲しいけど…でもやよいっちにあげるのが先だと思います!ついでにひびきんも!』

響『サンタさんへ、自分、去年も今年も悪い子だったかもしれないけど、やよいは絶対にいい子だからあげてください』

P「あいつら…」


サンタ「こんな手紙を出す子や、出してもらえる子が、いい子じゃないはずがないからね…ふぉふぉふぉ、こんないい子たちを見つけられなかったとは…怒られても仕方がないよ…」

P「そんな…」

サンタ「私にはゲームのような複雑な仕組みのものを作ることはできんからのぉ…最近の子どもたちは私に期待をしなくなって、信じてくれなくなった…」

サンタ「でも、この子たちは信じてくれた…ゲーム機が出せなくてもいいと言ってくれた…みんなで遊ぶならそっちの方がいいと言ってくれた…
おかげで、私はこの力に誇りを取り戻せたんじゃ、『私の力は1人ではなく、みんなで楽しむためにある』のだと…こちらがお礼を言いたいくらいじゃよ」

P「あいつら…サンタに何をしたんだ…?」


サンタ「それじゃあ私はプレゼントを置いて帰るとするよ、他にもプレゼントを待っている子がいるかもしれないしね…」

P「サンタさん…」

サンタ「…最後に一つ…伝言を頼まれてくれないか?」

P「は、はい…何でしょう?」

サンタ「この…やよいちゃんという子に…」


そして25日

小鳥「いやぁ、まさかやよいちゃんのクリスマスプレゼントが…」ビュッ

千早「人数分の野球のグローブだったとは…」ビュッ

真美「真美の左利き用まであるなんて、サンタさん太ももだね!」ビュッ


雪歩「真美ちゃん、それを言うなら太っ腹だよ?」ビュッ

伊織「まぁ、だからこうしてみんなでキャッチボールしてるわけだけど…やよい、本当にこんなので良かったの?」ビュッ

やよい「はい!私、『765プロのみんなが楽しく過ごせますように』って書いたんで当たってます!それに野球は見るのもやるのも好きですからー!」ビュッ

亜美「やよいっち…ええ子やでぇ…」ビュッ


律子「あんたたちも見習いなさい」ビュッ

真美「うあうあー!りっちゃんが意地悪言うよぉ!」ビュッ

貴音「ふふふ、亜美も真美も、今年一年、ちゃんと良い子でしたよ?」ビュッ

亜美「うん!今年はいつもよりプレゼントが多かったんだよ?」ビュッ


真美「ゲームの他にマジックグッズも入ってたの!」ビュッ

亜美「これでいたずらに幅が出ますな~」ビュッ

美希「…やっぱりサンタさん間違えてるんじゃないの?」ビュッ


あずさ「うふふ、亜美ちゃんも真美ちゃんもいい子よ。ちゃんと知ってるわ~」ポワ-ン

響「自分には新しいリボンだったさー!可愛いからとっても気に入ったぞ!」ビュッ

あずさ「ふふふ、良かったわね、響ちゃん」ポワ-ン


真「あずささん…さっきから音おかしくないですか?」ズキャァァァァァン

春香「いや、真もおかし…って早…」ドンガラガッシャ-ン

響「は、春香ぁぁぁぁあ!?」


P「あ、いたいた、やよい~」

やよい「あ、プロデューサー!プロデューサーもキャッチボールしませんかー?」

P「ん?あぁ、俺も社長も後で参加するよ…でも先に仕事を終わらせないと…」


亜美「なら何で来たの?」

P「伝言頼まれてたの忘れてたんだよ」

真美「伝言?」

P「あぁ、サンタさんからやよいへのな」


やよい「えぇぇぇぇ!?」

亜美「やよいっち!凄いよぉ!」

真美「それで!?兄ちゃん!サンタさんは何て言ってたの!?」


P「『やよいちゃん、もやし炒めありがとう。美味しかったよ』だってさ」

やよい亜美真美響「「「「!?」」」」

サンタ「ふぉふぉふぉ、メリークリスマース!」

終わり

やよい「メリークリスマスの意味」(アイマスSS)


ぴこたん
アニメ化

おすすめ記事



 
 
 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。